理想的な形で最初の資金調達(1stRound)を
達成できる環境を提供する
起業支援プログラム

第11回の応募資格を締め切りました。
SCROLL
  • 採択数
    チーム以上
  • 1年以内の
    VC調達達成率
    % 以上
  • 過去提供
    Non-Equity資金総額
    億円以上

2024年度 第11回スケジュール

  • 第11回の書類審査は開始しております。6/3 23:59までに、書類審査フォームの入力と、ピッチ・プレゼン資料のアップロードを完了していただく必要がありますので、遅れないようにお申し込みください。
  1. 応募資格チェック

    受付中

    まずは、ご自身・チームに応募資格があるかどうかを応募資格チェックでチェックしてください。即時に結果がわかります。何度でもチェック可能なのでお気軽にご利用ください。応募資格チェックをパスしたら書類審査に進みます。
    ※第11回の応募資格チェックを締め切りました。

  2. 書類審査

    受付中

    応募資格チェックで応募資格があると判定された方には、まずメールにて書類審査フォームをお届けします。書類審査フォームは10分程度で入力完了するものです。その後、メールにてピッチ・プレゼン資料アップロードフォームをお届けします。
    ※第11回の応募資格チェックを締め切りました。

  3. エントリー締切

    6月3日

    ピッチ資料のアップロード期限は6月3日の23:59です。必ず余裕を持って資料作成し期限までにアップロードしてください。締切後6営業日以内に合否をご連絡いたします。

  4. ピッチ審査

    6月14,15日

    事業性、実現性等の観点からピッチ審査を行います。通過されたチームは最終審査へ進みます。

    ※状況によりオンラインでの開催となります。

  5. 最終審査

    6月29日

    コーポレートパートナーと外部VCによる審査が行われます。4営業日後に結果を報告し、即日プログラムを開始します。

各共催機関に関連する
起業家・起業チームを採択・支援

「1stRound」は、ベンチャーキャピタルから外部調達をする前のチームあるいは設立3年以内のベンチャーが
理想的な形で最初の資金調達(1stRound)を達成できる環境を提供するプログラムです。
国内の国立・私立大学、研究機関及び東大IPCが共催し、毎年2回(6月&12月)各回約8件が採択されます。
コーポレートパートナー等の協力で、最大1000万円のNon-Equity資金、クラウドリソースやオフィスなどの開発環境及びキャピタリストと専門家による6ヶ月のハンズオンが無償提供されます。

各共催機関に関連する 起業家/
起業チームを採択・支援

共催大学/研究機関

1stRoundの仕組み

コーポレートパートナー

採択先には活動資金だけではなく、
多くの経営リソースが提供されます。

  • Cash Fuel
    採択先には事業資金(上限500万円)が提供されます(株式の取得はありません)。
    本資金は、事業展開に必要なあらゆる用途に活用することが可能です。
  • Hands-on
    資金調達・実証実験・体制構築・広報・資本政策といった事業の実行支援を6ヵ月間行います。講習によるインプットやプレゼン練習は目的としておりません。
  • Professional
    支援期間中は、弁護士、税理士、弁理士、社労士、広報、HR、助成金の専門家へ無料で相談可能です。
  • Office
    1stRound BASEや各連携機関のシェアオフィスが利用可能です。
  • HR
    採択先に対して、経営人材をはじめとしたチーム組成の支援をします。
  • Alliance
    有力アクセラレーションプログラム、ビジネスコンテストと連携し、各選考会への優先権が提供されます。また、ベンチャー支援組織のコミュニティと有機的に連携させます。
  • Accademia Network
    共催機関の教員、最先端の研究施設、技術移転会社などを紹介し、最新テクノロジーの開発・導入を支援します。
  • SaaS + Others
    採択先はAWS、GCPを始めとする様々かつ豊富な開発リソースやWEBサービスを無償で利用可能となります。

最速の一歩目を

「1stRound」は、
アカデミアに関連する優れた技術や着想の事業化、社会実装を支援する
国内最大のアカデミア横断型インキュベーションプラットフォームです。

アカデミアにおける技術シーズは多数ある一方で、
早期事業化における支援サポートはまだ十分ではないのが現状です。
「1stRound」では、
初動を加速させるための資金支援をはじめ、
経営人材の育成・発掘、事業連携等のネットワークを共有することで
アカデミアの垣根を超えたベンチャー創出および育成を目指しています。

AOIファンドとの連携

採択者からの希望があれば、東大IPCが運営するAOI1号ファンドによる投資検討を行います。
AOI1号は約250億円の大型ファンドであり、東京大学を含む全ての国立大学関連ベンチャーを
投資対象としています。

※AOI は、Accelerating Open Innovation の略

コーポレートパートナー&スポンサー

本プログラムは、日本の産業界を代表するコーポレートパートナー各社の協力により実現しています。
採択先が支援期間中に各コーポレートパートナーと協業・実証実験を実施する際には、
実費(上限500万円)が別途提供されます。

コミュニティメンバー

本プログラムは、相互扶助の精神を運営の基本理念としています。
各社は東大IPCのコミュニティメンバーとして永続的に各社にアドバイスを求めることが可能です。

まずはメルマガにご登録ください

事前説明会/募集開始をご案内します。
また共催機関/パートナー企業の起業支援コンテンツを配信いたします。

必須
必須
メールアドレス必須
ご登録ありがとうございます
メルマガ登録の送信が完了しました
1stRound
応募について
プログラムにご興味をいただけましたら、まずは応募資格をチェックしてみてください。